ふくろう助産院-howhow-にこめた想い

日本では、ふくろうは縁起の良いものととらえられているようです。

“福来る”“不苦労”“知恵袋”“幸福”  そして、ふくろうの鳴き声は、ほぉ~ぅほう。

“方法” “HOW(どのように)” “ほぉ~(納得)”

 

自分が生きる過程で、悩み、問題などに出会ったとき

どうしようって考えたり、悩んだり、迷ったり・・・

それは苦しいことばかりではなく、自分の”生きる在り方”を豊かにするものです。

たくさんの情報の中で、自分の心地よさを感じ、考えたり、選択する力。

​その、余力をもつこと。否定しない。追い詰めない。
外に正解を見いだそうとしない。
こたえは、自分の中にある。

知って、考えて、納得したことを、選択する!
 

その、最初の一歩のお手伝いや、迷ったときの手助けになれたらいいなと思います。

ふくろうさんっ♪ほぉ~ぅほ~う と​ゆっくりじっくり味わいながら

自分の「どうしたい?」「どうありたい?」と向き合える場となりますように…

院長プロフィール

子どもの頃から、赤ちゃんが大好き。子だくさんが、夢。

看護師時代のNICU(新生児集中治療室)での勤務で、

小さな小さな赤ちゃんの、大きなたくましい生命力に感銘を受ける。
 

この手で、いっぱいいっぱい赤ちゃんを抱きたい。赤ちゃんのいる暮らしをずっとしていたい。

赤ちゃんもお母さんも、みーんな(自分らしく)幸せに暮らしてほしい。

妊娠・出産・産後・子育ては、本来もっともっと明るくて、楽しくて、素晴らしいもの♪
 

そんな想いをもつ、助産師かあちゃんです。
男男女女の4児母。低出生体重児の長男の誕生をきっかけに、丁寧な暮らしを心がけるよーに。

 

●平成27年 出張専門 ふくろう助産院-howhow-開業

●平成28年6月~ 子育てサロン「ふくろうのおうち」主宰

●平成29年6月~ 自宅兼助産院として長久手に拠点ができました♡

​●平成30年4月~ 自主保育事業「ひとつやねの下」主宰

自身も子育てを経験する中で、また、地域の助産活動をする中で、

妊娠中から出産までも、偏った情報しか入りにくく、核家族で横つながりの関係性も少ない現代では

初めての出産、産後は・・・こんなに不安を抱えたまま社会に投げ出されるんだ!!

ということを目の当たりにしました。

情報に振り回されて、何を選択して良いかわからないし

何かあったときに気軽に相談できたり、頼れたりする人がいない

​子育て期を、一緒に切磋琢磨する仲間がいない​・・・

地域の開業助産師として、産前産後のケアの中で、価値観や情報の押し付けではなく、

「自分の軸をもつこと」「自分にとって心地よいこと」を大切に寄り添わせていただきます。

~ひとりひとりにMy助産師という存在がいる安心を届けたい!~

​                        助産師 鈴木知佳

​いろいろな想いをブログに綴っています

09012902943

09012902943

  • Facebook

©2020 by ふくろう助産院-howhow-